2020年台風12号のたまごはいつ発生?日本への影響を考察!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風11号は、2020年9月19日に熱帯低気圧に変わりましたが、台風12号もたまごは発生しているのでしょうか。また、今後の日本への影響なども気になります。太平洋での海水温にも左右される2020年台風12号のたまご発生について、その時期や発達後の日本での影響・被害予想などを考察していきます。

2020年台風12号のたまごはいつ発生?

2020年は例年より台風の発生が少なくなっていますが、今のところ、台風12号のたまごは発生していないようですね。海上で熱帯擾乱(低圧部)が発生し、中心がハッキリすれば台風のたまご=熱帯低気圧発生という事になります。低圧部というのは周囲より気圧が低く、循環は認められながらも中心がハッキリしない熱帯擾乱になります。現在はラニーニャ現象の影響もあり、フィリピン沖の海水温が平年より高く(30℃以上)となっている為、熱帯擾乱の発達には好都合ですので、今後の予想が注目されます。

ラニーニャ現象とは?

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて、海面水温が平年より低い状態が続く現象がラニーニャ現象と呼ばれます。そして日本を含め世界中の異常な天候の要因となり得ます。太平洋の熱帯域では貿易風と呼ばれる東風が常に吹いていて、海面付近の暖かい海水が太平洋の西側に吹き寄せられます。ラニーニャ現象発生時には、東風が平常時よりも強いので、西部に暖かい海水がより厚く蓄積し、東部では冷たい水の湧き上がりが平常時より強くなります。

このため、インドネシア近海の海上では積乱雲がいっそう多発します。

2020年台風12号が発生!今後の進路は?

9月21日正午に、台風12号が日本列島の南海上で発生しました。現在ゆっくりした速さで日本の南を北上し、中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大瞬間風速は35メートル、中心付近の最大風速は23メートルとなっており24日から25日にかけて日本にかなり接近すると見られ、西日本や東日本では23日から25日にかけて大荒れの天気が予想されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*