2020年台風2号の進路は?被害状況を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の台風2号は、日本に被害を及ぼしたのでしょうか。進路なども気になりますね。今回は2020年の台風2号について、日本に被害はあったのか、進路はどうだったのかなどについて調べてみました。

2020年台風2号の発生と進路予想情報・気象庁は?

2020年6月12日(金)21時、南シナ海で発達中の熱帯低気圧から台風2号(ヌーリ)が発生しました。ウェザーニュースが発表した進路予想情報では、台風2号はやや発達しながら北西に進み、中国の華南に接近・上陸する可能性が高いとの事でした。

・14日06時の実況
大きさ –
強さ –
中心位置 北緯 21度20分(21.3度)
東経 112度30分(112.5度)
存在地域 南シナ海
中心気圧 998hPa
中心付近の最大風速 18m/s(35kt)
進行方向、速さ 北西 25km/h(13kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
15m/s以上の強風域 東側 220km(120NM)
西側 165km(90NM)

・14日18時の予報
強さ –
熱帯低気圧
予報円の中心 北緯 22度50分(22.8度)
東経 110度40分(110.7度)
存在地域 華南
中心気圧 1002hPa
予報円の半径 85km(45NM)
進行方向、速さ 北西 20km/h(11kt)

・15日06時の予報
強さ –
熱帯低気圧
予報円の中心 北緯 24度20分(24.3度)
東経 108度35分(108.6度)
存在地域 華南
中心気圧 1006hPa
予報円の半径 120km(65NM)
進行方向、速さ 北西 20km/h(12kt)

2020年台風2号の進路予想・米軍の熱帯システム【JTWC】と【ウェザーニュース】は?

2020年6月13日時点での、台風2号の米軍JTWC進路予想は、南シナ海を北上して中国本土に接近という事でした。同じく6月13日10:02の、ウェザーニュースによる台風2号の進路予想は、北西に進んでおり、あまり発達はせず、暴風域は伴っていないという事でした。

▼台風2号 6月13日(土)9時
大きさ階級  //
強さ階級   //
存在地域   南シナ海
中心気圧   996hPa
最大風速   20 m/s
最大瞬間風速 30 m/s
移動     北西 25 km/h

windyより日本周辺の風の動きと台風2号の名前「ヌーリ」(Nuri)の由来(意味)・命名国は?

Windy.comというのは、天気予報を視覚的にとらえることのできるツールで、プロのパイロットやスカイダイバー、パラグライダー飛行者、カイトサーファー、ボート競技者、サーファー、ストームチェイサー、漁師、ウェザーギーク、そして各国政府や軍関係者、救護チームなどでも利用されています。台風の進路や予想される悪天候の追跡、旅行の計画、今度の週末のお天気チェック。

様々な目的に応じて、あなたの居住地域の最新の天気予報を見ることができます。android版やiOS版もあり、PC版では、アメリカ海洋大気庁とヨーロッパの台風進路予想モデルが選択できます。これまで進路を見てきた2020年台風2号の名前は「ヌーリ」です。マレーシアの言葉で「オウム」の意味で、命名国もマレーシアです。

呼び名を変える?

2020年台風1号の記事で述べましたように、台風・サイクロン・ハリケーンは現象としては同一ですが、地理的な境界線を越えると呼び方が変わります。2006年に北東太平洋で発生したハリケーン「イオケ」は、西進して(日本の方に接近して)経度180度を東へと越えたことで、台風12号になりました。同じ熱帯低気圧の呼び名が「ハリケーン」から「台風」に変わった例ですね。

2020年台風1号の記事はこちら

このように、地域を超え「台風」に呼び名が変わったものを越境台風と呼びます。それとは反対に2019年の台風1号は、マレー半島付近で東経100度線を西に越えたことで、「サイクロン」に変わっています。

2020年台風2号「ヌーリ」の発生は1か月ぶり中国の華南に進む見通し!被害は?

2020年6月12日(金)21時、熱帯低気圧が台風2号(ヌーリ(になりましたが、台風2号の進路はやや発達しながら北西に進み、中国の華南に接近・上陸する可能性が高くなっていました。台風の発生は、5月12日に発生した台風1号以来となり、ちょうど1か月ぶりの台風発生でした。平年の6月の台風発生数は1.7個であり、台風の発生が増え始める時期です。

ウェザーニュースの予測では、台風は今年も平年並みの発生数が見込まれています。台風1号は、新型コロナウイルス感染症の影響による被害とともに、フィリピンに家屋被害などの甚大な被害をもたらしましたが、台風2号は進路を南シナ海を北西に進み、14日9時の発表で熱帯低気圧に変わりましたので、日本に被害はありませんでした。ただ、日本へ直接の被害の影響はありませんでしたが、間接的な影響はあります。

台風などで上昇した空気は、上空で広がり、台風の北側にある高気圧で下降する為、台風の北側の高気圧が強まる傾向があります。ですので、東シナ海の高気圧が強まることで、梅雨前線の活発化の可能性があるのです。

2020年台風2号の進路は?被害状況についてまとめ

2020年はまだ日本には台風の被害はありませんが、これから発生する台風には十分気を付けた対策が必要となりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*