2019年台風2号の進路は?被害状況を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年は早くも台風2号が2月に発生しました。進路や被害状況はどうだったのでしょうか。勢力が強かったので気になります。今回は2019年の台風2号について、その進路や被害状況を振り返ってみました。

2019年台風2号の進路は?

2019年2月20日午前3時にマーシャル諸島で台風2号が発生し、進路を北西に進んで25日午後3時にはマリアナ諸島で猛烈な台風へと発達しました。その後進路をフィリピンの東海上をゆっくり西進し、28日午後3時に熱帯低気圧に変わっています。台風が発達する海面水温は通常、27度以上で、それ以下の海域に達すると衰弱する傾向にあります。

また、上層と下層の風速、風向等のベクトル差となる『鉛直シア』が大きい場合も、下層の渦と上層の積乱雲が分離しやすく台風の発達が阻害される傾向にあります。台風2号が発達した海域の海面温度は28度程度と、平年より特に高くはありませんでしたが、それでも台風が発達するには十分な温度で、急激に衰弱し始める26日頃までは、台風2号の進路が鉛直シアが小さい海域を進んでいた事で、発達が阻害されなかったようです。

これまで、2月や3月は台風の進路を西進させる偏東風が赤道付近で、マリアナ諸島付近やフィリピンの東海上で北上することはありましたが、西進することはなかったのですね。この、4月ごろから北上するといわれている偏東風が、2019年は例年より早く北上したことにより、台風2号の進路が西進したとみられています。

2019年台風2号の被害状況は?

先述のように2019年の台風2号が猛烈な勢力にまで発達した原因は、台風が存在する海面温度の高さと、台風の周囲を吹く風が発達に適していたためとされています。2月24日には一旦勢力を落とした台風2号でしたが、25日には再発達し、同日15時には「猛烈な」勢力となって中心気圧も915hPaにまで低下しました。2月中に台風が猛烈な勢力に発達したのは最大風速のデータがある1977年以降では初となり、1951年の統計開始以来では、2月の台風としては中心気圧が最も低いものでした。

2019年台風2号の進路は?被害状況について

気象上の様々な要素から、思わぬタイミングで2月の台風としては過去最大の勢力に発達した、2019年の台風2号。日本に直接の被害があった訳ではありませんでしたが、もしこの台風の進路方向が日本だったらと考えると、やはり普段の備えを意識しておかなければいけませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*